20190128

FemapのVBA(APIプログラミング)で文字列の表示

月末なのに、一回も書いていなかった。
長続きが目的なので、一応書いておく。
本当は、もう少し内容が充実するはずだったのだけれども。

FEMAPのVBA

FEMAPのVBAは、「APIプログラミング」というところから利用できました。
これを使って、文字列を表示したいと思います。

メッセージボックス

まずは、メッセージボックスから。

MsgBox “Analysis complete!”

これは、VBAの機能なので、FEMAPの機能ではない。

メッセージの欄に、文字を出す。

Sub Main
Dim App As femap.model
Set App = feFemap()

App.feAppMessage(1, "aaa")
End Sub

でもできるし、

Sub Main
feFemap.feAppMessage(0, "aaa")
End Sub

でもできた。

閉じる

ウィンドウを閉じる機能も試した。

Sub Main
Dim App As femap.model
Set App = feFemap()

App.feFileClose(False)
End Sub

画像を保存する。

Sub Main
Dim App As femap.model
Set App = feFemap()

App.feFilePictureSave2(True, 0, 12, "012.png")
End Sub

引数は、

  • 1番目 boolian

    • True ファイルダイアログが出現。
    • False 何もしない。
  • 2番目 FPRG_DESKTOP
    1~3の数字化FPRG_DESKTOPを入力。

  1. 1. 0: FPRG_WINDOW
  2. 1: FPRG_LAYOUT
  3. 2: FPRG_DESKTOP
  • 3番目 zPictFormat
    1~12の数字かzPictFormatを入力。

  1. FPM_BMP
  2. FPM_METAFILE
  3. FPM_PLACEMF
  4. FPM_JPEG
  5. FPM_BMPSERIES
  6. FPM_AVI
  7. FPM_JT
  8. 不明
  9. FPM_GIF
  10. FPM_GIFANIM
  11. FPM_TIF
  12. FPM_PNG

そうそう。12がやりたかったんだよ。

  • 4番目 タイトル 文字列
    ダブルコーテーションで囲もう。

posted by yuchan at 07:00 | Comment(0) | FEMAP