20200613

Intel Realsenseのはじめた

タグ:pyrealsense

Windows10でintel realsense D435iをはじめた。

  • Intel RealSense Viewerを使用

  • pyrealsenseのインストール

の二つをやって手間取った。
2個目はいろいろやって、結局うまくいった。
原因はPythonのバージョン?

実行した順に書いていった。

Intel RealSense Viewerが起動しない。

そもそもIntel RealSense Viewerが起動しない。
下記エラーメッセージが出て(しかも全文表示されない)、はじまらない。

Backend in rs2_create_device(info_list:0000026F257C1900, index:0):
MFCreateDeviceSource(_device_attrs, &_source) returned: HResult 0x80070005: “アクセスが拒否されました。”

→win10のカメラのプライバシー設定が必要。
windows updateか何かのはずみで、Win10のカメラのプライバシー設定が入るらしい。
設定>プライバシー>カメラあたりで設定を変更してみる。

「Intel RealSense Viewer起動しない問題」はこれで解決した。

pip install pyrealsenseが通らない。

pip install pyrealsense

が通らない。結局通らなかったので諦めた。原因は、python3.8だったせい?

これを読んで下記条件を満たしたのに通らなかった。

  • Cythonのインストール
  • numpyのインストール
  • pycparser のインストール
  • wheelのインストール
  • 環境変数PYRS_INCLUDES を追加。rs.hのあるフォルダに通す。
  • 環境変数 PYRS_LIBS を設定。

結論

pip install pyrealsense

は通らない。

pythonのバージョンが悪いのかも…

上記設定はそのままで、
pipで自動でお任せしないで、.whlを自分でダウンロードしてpipした。
ついでにpythonのバージョンを3.7にした。

https://pypi.org/project/pyrealsense2/#files から、whlをダウンロード。現段階で、このサイトのリストにPython3.7までのファイルしかなかった。
自分はPython3.8を使っていた。
だからPython3.7にインストールしなおした

pip install (先ほどダウンロードした.whlのパス)

Windowsなら、ファイルブラウザ上でShift+右クリックして「パスをコピー(A)」を押せば、クリップボードに絶対参照でパスがコピーされる。

結論

pyrealsenseがインストールできて解決。

まとめ

Python のバージョン(3.8)が悪かったのか、
pip install pyrealsenseじゃダメだったのか。
不明。

もしかすると、python3.7にするだけでpip install pyrealsenseは通ったのかも。

実験上手な奴は、条件を一つだけ変える。
実験下手な奴は、条件をたくさん変える。

僕は断然後者です。

タグ:pyrealsense
posted by yuchan at 07:00 | Comment(0) | realsense