20170505

matplotlibで、x軸とy軸の数字部分の大きさを変える

こういう時、役立つ

作図の際、縦横比が1から離れた数字になってしまい、それを変えたくない場合、こういう事が起こる。
こういう時、文字が狭くて被ってしまうのを、どうにかしたい。かといって、もう片方の軸の大きさは、ちょうどいいので変えたくない。

こういう時に片方だけ、小さくしたりできればいいなと思った。
20170504-03.png

labelとtickとaxisの見分けは付いているか。

一般的かどうかは知らないが、matplotlibでの呼び方を紹介すると、

20170504-01.png
赤で囲った、数字の部分は、tickという。(ラベルでも軸でもない。)
(もっというと、軸にくっついてる、ぴょこっと飛び出た線の部分がtick。)
軸の名前を、文字で説明している部分がlabel(図でいう、xlabelとか、ylabelとか書いてある部分)

上のグラフは、下のコードで描いたものを、ウィンドウズの「ペイント」で書き込んだ。

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

l = np.linspace(-15,15,101)

plt.plot(l,np.sin(l))
plt.xlabel("xlabel")
plt.ylabel("ylabel")

plt.show()

tickのy軸側の大きさだけを変えたい時は、

tickのy軸側の大きさだけを変えたい時がある。
チック部分のフォントが大きすぎて、上下に密着し過ぎる時。(かぶっている時)とか

plt.tick_params(labelsize=3)

としてしまうと、両方のフォントサイズが小さくなってしまう。
「x軸は、別に変えなくていいんだ…」と思っている時には、これでは困る。
こちらを使われたし。

plt.tick_params(axis='y', which='major', labelsize=3)

あえてまとめるとこう。

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

l = np.linspace(-15,15,101)

plt.plot(l,np.sin(l))
plt.xlabel("xlabel")
plt.ylabel("ylabel")

plt.tick_params(axis='y', which='major', labelsize=3)

plt.show()

20170504-02.png
片側だけ、小さくできました。

posted by yuchan at 07:00 | Comment(0) | python
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: